2014年4月29日火曜日

苗代砂地づくりと床伏せ

今月、雪太郎の郷では苗代の拡張に伴い、苗代の砂地づくりを行ないました。

地元業者さんの協力により、作業も順調に進み無事に苗代が完成しました。


バックホーを使って田面に砂を敷いていきます。

田面に砂を敷くにあたり、基準となる杭を打ち込みました。
       
バックホーで砂を広げていきます。

   

田面は雪に押されて硬くなっていた為、金鎚を使って打ち込みました。













杭を基準に、できるだけ平に均します。



























砂が山になっている部分はレーキを使用して均していきます。







綺麗に均すのは大変で、なかなか難しい。





田面に水を張って、砂を高い所から低い所に引っ張っていきます。

低過ぎる所には一輪車で砂を追加して、できるだけ平らに均して完成。






苗代ができたので、4月19日に床伏せをしました。

今回床伏せした品種はコシヒカリ、こしいぶき、なごりゆきの3種で、
苗箱を並べる前の砂地にシートを敷きました。

























奥は一輪車で、手前は手渡しで、
みんなで協力して苗箱を並べました。















苗箱を並べたらワリフと有孔ポリをかけて完成です。














今は芽が出て、苗は順調に生育中、だんだん緑が濃くなってきました。